理事長挨拶

公益財団法人への移行のごあいさつ

理事長 岸 英毅 日頃は、当法人の運営に格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 さて、当振興会は、三重県知事から移行認定を受け、公益財団法人として、地域社会の健全な発展に貢献することを目的に「文化振興事業」「市民交流を目的とした事業」「研修センターの設置及び管理運営」「施設及び公園の維持管理」「貸館事業」の5つを公益目的事業と位置付け、様々な事業を実施し、地域社会の振興、市民サービスの向上及び福祉の増進に努めております。
 特に、市民の皆様により質の高い運営、サービスを提供することを心掛け、指定管理が獲得できるよう役職員が一丸となって取り組み、文化会館及び中央コミュニティセンター、都市公園、石水渓キャンプ場施設について、引き続き指定管理者に指定していただけました。一方、振興会が所有する青少年研修センターとスポーツ研修センターについても、これまで以上に様々な公益を目的とした事業を実施していきたいと考えております。
 他に、駐車場経営、機関紙「財団たより」発行などの収益事業を行い、財団の円滑かつ安定した運営に取り組んでおります。
 今後も、公益を目的とした事業を積極的に行う公益財団法人として、地域に密着した特色のある様々な事業に取り組み、さらに地域社会の振興、市民サービスの向上、福祉の増進に寄与すべく役職員一同気持ちを新たに鋭意努力してまいる所存でございますので、皆様方のより一層のご指導とご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

令和元年5月1日

 

公益財団法人亀山市地域社会振興会
理事長 岸 英毅